1. TOP
  2. ブログ

ブログ

中国知的財産権制度2013/02/12

中国知的財産権制度

1. 特許制度(中華人民共和国専利法)

(1) 保護の対象

 保護の対象は発明創造(「発明」、「実用新案」、「意匠」)(第2条)

① 発明

 製品、方法又はその改善に対して行われる新たな技術方案(第2条)

② 実用新案

 製品の形状、構造又はその結合に対して行われ、実用に適した新たな技術方案(第2条)

③ 意匠

 製品の形状、図案又はその結合及び色彩と形状、図案の結合に対して行われ、優れた外観を備え、かつ工業への応用に適した新たな設計(第2条)

(2) 出願

① 発明又は実用新案の特許の出願(第26条)

② 意匠特許の出願(第27条)

(3) 要件

① 発明、実用新案

 新規性、創造性、実用性(第22条)

② 意匠

 既存の設計に属さない、出願日以前に出願されておらず、出願日以降公開された特許文書に記載されていない(第23条)

(4) 審査

① 発明特許の出願は実態審査(第39条)

② 実用新案及び意匠の特許出願は予備審査のみ(第40条)

(5) 存続期間

① 発明特許権は出願日から20年(第42条)

② 実用新案特許権、意匠特許権は出願日から10年(第42条)

2. 商標制度(商標法)

(1) 保護の対象

 商品商標、サービスマーク、団体商標、証明商標(第3条)

(2) 出願(第4~第8条)

(3) 要件

① 商標登録の要件(第9条、第11条)

② 不登録事由(第10条)

③ その他(第12条、第13条、第31条、第46条、等)

(4) 存続期間

 登録の許可があった日から10年(第37条)、更新可(第38条)

3. 考察

(1) 中国は投資先としても市場としても極めて重要な国です。進出に際しては、特許、意匠、実用新案、商標の出願・登録が望まれます。

(2) 費用的に有利であって実態審査を伴わない実用新案、意匠の出願からはじめてはと考えます。

(3) 当事務所でお願いしている中国代理人は、親切、且つ、迅速に対応してくれます。

(4) 新たな情報は随時補充していきます。

参考資料:特許庁ホームページ(外国産業財産権制度情報)

(2013年02月12日)

この記事を表示ブログ2013年2月|09:55:25

ロシアの知的財産権制度2013/02/08

ロシアの知的財産権制度

1.特許・商標(民法典第72章、第76章)

(1)保護の対象

① 発明

 製品(装置、物質、微生物の菌株、植物又は動物の細胞培養を含む。)又は方法(有形的手段を用いて有形物に影響を与える手段)に関連するあらゆる分野における技術的解決(民法典第1350条)

② 実用新案

 装置に関連した技術的解決(民法典第1351条)

③ 意匠

 物品の外観を決定する、工業的に又は職人により製造された当該物品の美術的表現及びデザイン表現(民法典1352条)

④ 商標・サービスマーク(民法典第1477条)

(2)出願

① 発明の特許付与を求める出願(民法典第1375条)

② 実用新案の特許付与を求める出願(民法典第1376条)

③ 意匠の特許付与を求める出願(民法典第1377条)

④ 商標出願(民法典第1492条)

(3)要件

① 発明の特許性の要件

 新規性、進歩性、産業上利用可能性(民法典第1350条)

② 実用新案の特許性の要件

 新規性、産業上利用可能性(民法典第1351条)

③ 意匠の特許性の要件

 新規性、独自性(民法典第1352条)

④ 商標の正式登録の拒絶理由

 不登録事由、新規性、先願・先登録商標との類似性(民法典第1483条)

(4)存続期間

① 発明に係る排他的権利の存続期間

 出願日から20年(民法典第1363条)

② 実用新案に係る排他的権利の存続期間

 出願日から10年(民法典第1363条)

③ 意匠に係る排他的権利の存続期間

 出願日から15年(民法典第1363条)

④ 商標に係る排他的権利の存続期間

 出願日から10年、更新可能(民法典第1491条)

2.その他の知的財産権

(1)著作権・著作隣接権(民法典第70章、第71章)

(2)品種に係る権利(民法典第73章)

(3)集積回路の回路配置(配置設計)に係る権利(民法典第74章)

(4)製造秘密に係る権利(ノウハウ)(民法典第75章)

(5)法人、商品、作業、サービス及び事業の識別手段に係る権利(民法典第76章)

*商標もこの第76章で規定されている。

(6)単一技術体系内の知的財産の成果の利用権(民法典第77章)

3.考察

(1)ロシアは投資先としても市場としても益々その重要性を増しています。必要に応じて、特許、意匠、実用新案、商標の出願・登録が望まれます。統計によれば、ロシアにおける特許の出願件数は4万件程度(内外国人は1万件程度)、実用新案の出願件数は1万件程度(内外国人は数百件程度)、意匠の出願件数は4千件程度(内外国人は2千件程度)です。取り敢えず、費用的にも有利な実用新案、意匠の出願からはじめては考えます。

*当事務所でお願いしているロシアの代理人は日本語も堪能で時々電話をかけてくることがあり、印象は良好です。

(2)新たな情報は随時補充していきます。

参考資料:特許庁ホームページ(外国産業財産権制度情報)

(2013年02月08日)

この記事を表示ブログ2013年2月|17:11:33

新年のご挨拶2013/01/07

新年明けましておめでとうございます。

1月7日より通常の業務を開始しております。

昨年と変わらず、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

この記事を表示ブログ2013年1月|14:38:30

御礼と来年度に向けて2012/12/30

 本年度は大変お世話になりました。

 本年度は新興国の知的財産制度を解説してその効果的な利用法をさぐる予定でおりましたが予定通りにはいきませんでした。新興国における特許、意匠、商標などの出願はますます重要ななることが予想されます。来年度も引き続き新興国の知的財産制度を確認してその効果的な利用法を探っていきたいと思います。

 新年は1月7日より通常業務を開始します。来年度も変わらずご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いします。

この記事を表示ブログ2012年12月|11:58:24

新興国の知財制度2012/03/20

昨今、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)など新興国の経済発展には著しいものがあり、それ以外にも将来にわたって大きな経済発展が予想される新興国予備軍が存在します。これらの国々に対する出願は今後益々増加していくことが予想されます。そこで、これら新興国、新興国予備軍と称される国々の知財制度をあらためて確認していき、今後の知財戦略の参考にしていきたいと思います。手始めに(次回)、ロシアあたりからスタートしてみます。

この記事を表示ブログ2012年3月|08:52:52

Page: Back 1 2 3 4 5 6 7 8 Next

このページのトップへ