2020年11月25日の記事

特許手数料の見直し2020/11/25

2020年11月25日(水)の朝刊に、「特許手数料の減免縮小へ」と題して、特許庁が特許手数料の見直しに着手した旨の記事が掲載されていました、ここ数年中小企業向けに特許手数料を減免する取扱いがとられており、中小企業の特許戦略にとって強い追い風になっていました。伝えられるような特許手数料の見直しが行われた場合、中小企業の特許戦略にブレーキがかかってしまうことが懸念されます。「日本の特許出願数は年々減っている。手数料が引き上げられれば、減少が加速する恐れがある。企業の負担を抑えて出願数を増やせるよう、知的財産制度全体の戦略を描く必要がある。」と記事は締めくくっています。

ブログ2020年11月|11:22:26

このページのトップへ