1. TOP
  2. ブログ
  3. 欧州単一特許

2018年4月24日の記事

欧州単一特許2018/04/24

2018年4月23日(月)の日経新聞11面に「欧州単一特許制度」の記事が掲載されていました。欧州で特許出願を行う場合には、個々の国に出願して登録する方法、欧州特許庁に出願して選択した国に登録する方法、の二つがあります。新たに導入される「単一特許制度」によれば、欧州特許庁に出願して単一特許を選択することにより、加盟国のうち26カ国で効力を持つ特許を取得することができます。併せて特許訴訟に一元的に対応する統一特許裁判所(UPC)が創設されると記事は伝えています。出願人にとってはコストダウンや管理の一元化等のメリットがありそうです。
 尚、記事は幅広い地域で特許を取得した企業から侵害訴訟を受け易くなり、いわゆる「パテントトロール」が活動し易くなるのではとも伝えています。
 欧州は米国、中国と並んで重要な地域であり制度の動向に注視する必要があります。
(以上)

ブログ2018年4月|10:06:03

このページのトップへ