1. TOP
  2. ブログ
  3. 中国の実用新案/意匠

2014年2月28日の記事

中国の実用新案/意匠2014/02/28

中国の実用新案/意匠

中国の実用新案/意匠は、特許と同じ中華人民共和国専利法の中で規定されていて、何れも特許権(実用新案特許権/意匠特許権)として登記されます。

又、中国の実用新案/意匠に関しては、何れも実体的審査を行わない「無審査登録制度」が採用されています。専利法第40条にそのことが規定されています。

第40条 実用新案及び意匠の特許出願に対して予備審査を行い、これを却下する理由が存在しない場合、国務院専利行政部門が実用新案特許権又は意匠特許権を付与する決定をし、相応する特許証書を交付する。同時に登記して公告し、実用新案特許権及び意匠特許権は公告日から有効となる。

ここでいう「予備審査」は方式的審査を意味していて実体的審査を含んでいません。又、実用新案特許権/意匠特許権はともに有効期間は出願日から10年です。

実用新案/意匠は特許に比べると登録までに要する費用も廉価で済みます。

中国に進出する場合にはこれら実用新案/意匠を有効に利用することが考えられます。

手続/費用、等につきましてはお気軽にご相談下さい。

(平成26年02月28日)

ブログ2014年2月|11:09:31

このページのトップへ